コンテントヘッダー

「三つの袋」 いまでも使われるのかあ  懐かしい

先日、テレビを見てましたら、町を行く若者に対して、「あなたが不要だと思うものはなんですか?」というインタビューをしていて、その中の一人(20代の男性と見られる)が、「結婚式なんかのスピーチっていらないと思います。特に、”三つの袋”の話とか、ほんと無駄です」って回答をしていました。

それを見て、「え? 今の若い人が、三つの袋の話なんか知ってるんだ?」って驚いてしまいました。



というのも、結婚式に数多く臨席している我々のような人間でも、「21世紀になってからは、仲人が消えたのと同じで、三つの袋の話なんかほとんど聞かないよなあ」って感じているからです。



かろうじて、この前撮影させていただいた「二次会」で、新郎の友人の男性が女装して、「は~い、ミッツ・マングローブで~す。結婚生活では、ミッツの袋が大事なんですよ~」っていう面白い余興を披露していて、「うわあ、ひさしぶりに聞いたなあ、三つの袋の話」と感心したぐらいです。

(この時の袋は、完全に下ネタでした)





さて、昔、「三つの袋」の話が披露宴スピーチの定番だった頃の話をします。



この三つとは、

①「胃袋」

食事が大事。「新婦は新郎のためにおいしい食事を毎日作ってあげて下さい」という説明がつきます。



②「おふくろ」

「お互いの母親を大切にしましょう」という心構えです。



③「堪忍袋」

「夫婦生活はいろいろと我慢しないといけないことがあります。ケンカしないで仲良く」という話です。



もともと、これが基本でしたが、1980年頃には、これにアレンジを加えて、



「給料袋」・・・お金が大事ですよ



これが加わってきました。このため、本当の昔のことを知らない記者が書いた「結婚情報サイト」などでは、 「お袋」「給料袋」「堪忍袋」 としている記事もあります。



また、別のアレンジでは「ゴミ袋」を加えることがありました。

これは、「旦那さんが朝、ゴミ袋を持って出かけましょう」ってことで、つまり、「家事を夫婦で、きちんと分担しましょう。奥さんだけに全部やらせてはだめです」っていう説明です。この「ゴミ袋」の話は滅多に聞かないので、会場のお客さんは「なるほど~」って感心して、うけてました。



また、親戚のおじさんなどは、

「子袋」・・・子孫繁栄を願う

を加えたり、さらにお酒が入ってくると、新郎の友人などが、

「キンタマ袋」(同様に子孫繁栄の意味)

を加えたりしてました。



それから、年配の人は「糠袋」(ぬかぶくろ)を使う人もいました。糠袋は昔、掃除の際によく使ったものなので、「家の中をきれいにしましょう」っていう説明を加えました。



それから、昔、ただひたすら「ワーハッハ!」と笑い声が聞こえる「笑い袋」というおもちゃがあったために、これを持ち込んで、「3番目は笑い袋。いつでも二人で笑いの絶えない家庭を作って下さい」としめて、大喝采をうけたスピーチもありました。



さらに、これは完全に「ジョーク」「ウケ狙い」ですが、「池袋」「沼袋」「北池袋」なんていう地名を出す人もいました。(※首都圏限定です)



さて、今の時代に、この「三つの袋」の話を復活させるとしたら、私だったら、こんなのを加えますね。



「レジ袋」・・・家事分担の話で、「買い物は新郎がしましょうね」っていう説明

「Yahoo 知恵袋」・・・「ネットできちんと調べましょう」「でも、ネットのことを鵜呑みに信じてはいけません」など。


lgi01a201412201000.jpg


コンテントヘッダー

時間に余裕があるかどうか? 二次会会場選択の重要なポイント

二次会の会場を選ぶ際の、ひとつのポイントをお教えします。

それは、「時間の融通が利くのかどうか?」という点です。

実は、「パーティスペース」など、二次会を専門に扱っている会場は、「回転数で稼ごう」とします。

つまり、ひとつの会場で、「午後2時から5時までに1件目」、その後、「5時から8時までに2件目」「8時から11時までで3件目」とか、フル回転させます。

その結果、一般的には、「パーティ開始時刻の30分前から受付を開始」「受付開始の30分前に幹事が入場し準備をする」というのが、二次会におけるタイムスケジュールの標準なんですが、「回転で稼ぐ会場」では、「パーティ開始時刻の30分前に、幹事が来場し、15分で準備をして、その後受付を開始し、15分間受付をしたら、その後すぐに本番開始」といった、すごく忙しいスケジュールになります。

つまり、「本番開始前に準備時間が1時間あるのが標準なのに、人気のある専門会場だと、それが30分間しかない」ということなんです。

この差は非常に大きく、「二次会の運営にすごく慣れた幹事さんたちが、うまく役割分担して、さささっと準備をしないと本番が開始できない」ということになります。特に、二次会の中で「凝った演出」をするために、準備時間が長く必要な場合は、この時間ではまず無理です。

また、こういう会場では、終了時刻も厳格で、本番終了時刻から、その後は「お見送り」となるわけですが、そのお見送りの時間も、15分程度しかありません。
100人くらいいるゲストと、ちょこっと話をしながらお見送りをすると、15分では到底足りません。なので、こういう「忙しい会場」では、本番の「2時間」という時間を短縮させて、「1時間50分で終わらせようとする」といった時短行為を行なうのがよくあります。

そして、一番の問題は、「二次会というのは、その前の披露宴が時間延長になると、それにつられて、新郎新婦や、披露宴から流れてくるゲストの都合で、開始時刻もずれこむことがよくある」ということです。

私も実際に、「5時開始」だったのが、新郎新婦が遅れて、実際の開始時刻が「6時半」になり、「実質30分しかできなかった二次会」なんていうのを経験しています。

このように「時間にタイトな会場」というのは、専門会場ゆえに、設備も立派だし、運営もスマートでいいところなんですが、その厳格さゆえに、融通が効かないのです。

いっぽうで、一般のレストランを借り切って行なうような二次会だと、お店の方も時間に余裕を持たせていて、タイムスケジュールに無理がなく、「予定時間よりも早くやってきた幹事さん」も中に入れてくれますし、「お見送りに熱が入ってしまい、40分もかかった」という場合でも嫌な顔をせずに、会場を使わせてくれます。

ただ、深夜まで営業するようなレストランやバーの場合、その二次会が終了したあとの「午後11時から、また、通常営業を再開する」なんてこともあり、その場合は、ゆっくりとお見送りはできません。

このように、その会場の営業形態により、タイムスケジュールの寛容度はいろいろなので、その点も考慮して、会場を決めるといいと思います。



18765727.jpg




コンテントヘッダー

2018年1月と2月はウィンターキャンペーン実施中

2018年1月と2月はウィンターキャンペーン実施中

この期間に行われる「婚礼」および「二次会」の撮影は、通常の撮影費のみで、交通費は無料といたします。
関東圏だけでなく、全国どこでも行きますので、お申し付けください。

お待ちしています。



******************


雫写真事務所(横浜)

s-s-pages034.jpg
コンテントヘッダー

ナイトのげやま2017(夜間営業動物園) 今年もやってます

横浜の動物園では、毎年、夏休み期間に「ナイトズー」というのをやっていて、私も過去に「ズーラシア」の夜間営業を見に行ったことがあり、楽しめました。

今年は、地元の「野毛山動物園」に出かけてみました。(入場無料ですが、寄付金の箱があるので、皆さん、寄付して下さい)

s-750_3646.jpg


ナイト営業は、夜の8時半までです。
今回は夕暮時の6時半に入園しました。

s-750_3668.jpg

夜間公開用に、こういう臨時のランタンが各所に吊り下げられています。

s-750_3677.jpg

これは「ライオン」。暗いので写真を撮るのも大変です。

s-750_3667.jpg

このイベント期間だけ、「ビアガーデン」も営業しています。動物園でビールというのも乙です。
私は車なので飲めませんでしたが。

s-750_3697.jpg

トラの檻の前。お客さんがいっぱいです。

s-750_3710.jpg

暗くてわかりにくいですが、キリンです。
高感度に強い一眼レフでもギリギリの明るさですが、皆さん、スマホでバシバシ撮ってました。スマホすごいねえ。

s-750_3715.jpg


s-750_3725.jpg


s-750_3727.jpg


s-750_3733.jpg

これは、「今は使われていないシロクマ用のスペース」なのですが、使われていないため、以前、シロクマが生活していた部分に客が入ることができるようになっており、「見られる側の動物の気持ちがわかる」という面白い場所でした。


s-750_3741.jpg

ペンギンコーナーは照明がついており、よく見えます。


s-750_3742.jpg


s-750_3747.jpg

ワラビーがいました。  山菜そばを食べたくなります。


s-750_3754.jpg

鷹とか鳥類のケージです。


s-750_3762.jpg

野毛山動物園は小さな動物園なので、30分もあれば、全部見られます。

なかなかおもしろい経験でした。みなさんもぜひお越し下さい。






コンテントヘッダー

東武鉄道が日光地区にSL復活

この夏、鉄道好きにとって大きなニュースがあります。

それは、東武鉄道が、日光市内の「下今市~鬼怒川温泉」区域で、SLを走らせるのです。

詳細はこちら

ここのところ、仕事で日光に行くこともなくなりましたので、久しぶりに、SLに乗りながら、日光にも行きたいなと思っております。

さて、日光というと、JR日光駅の真ん前にあった「食堂&お土産屋さん」には、何十回も行ったもんです。思い出がいっぱいあります。

s-CIMG4058.jpg

この写真の中に数軒のお店が写ってますが、実は内部は複雑な構造になっており、建築物としてもなかなか面白いものでした。
そして、小学生を主体に相手をしてましたから、そういう子供向けのお土産がいっぱい置いてありました。

絵としてもすごく面白い街並みでしたが・・・・

実は今はすごく変わってしまいました。
日光が世界遺産になり、「外国人客もあてこんで」建て替えが行われたのです。

s-cc (1000)

角度が微妙に違いますが、これ、同じ場所なんです。

再開発みたいな感じで、数軒のお店が合同で一斉に立て替えた感じです。
新しいお店の中には「日帰り温泉」もできて、私も利用したことがあります。すごくおしゃれな建物に変わってしまいました。

時代の流れには逆らえませんが、個人的には昔の雑然としたたたづまいが良かった気がします。

懐かしい思い出です。

プロフィール

中村ボンド

Author:中村ボンド
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード