コンテントヘッダー

藤原紀香さん お幸せに

http://www.sanspo.com/geino/news/20160924/mrg16092405050002-n1.html

3月30日に結婚した歌舞伎俳優、片岡愛之助さんと女優、藤原紀香さんが23日、縁結びの神として知られ、世界遺産に登録されている京都市北区の上賀茂神社で挙式したそうです。


どうかお幸せに。

コンテントヘッダー

新横浜のおすすめ二次会会場ご紹介  「コートダジュール」さん

今回ご紹介するのは、「新横浜駅至近」の二次会会場です。
カラオケチェーンとして有名な「コートダジュール」さん。二次会会場としても最適なパーティルームを持っています。

公式HPはこちら

正面はこんな感じ
s-s-150503-002.jpg

新横浜の繁華街のメインストリートに面しているので、初めて新横浜に来る人でもわかりやすい場所です。看板も大きく、会場は1階なので、迷いません。

s-s-150503-005.jpg
s-s-150503-033.jpg

中はこんな感じ。

視界を遮る「柱」とかがないのがいいです。

s-s-150503-007.jpg

メインテーブル

s-s-150503-031.jpg

いいなあと感じたのは、「階段状のステージのような高い場所」があること。スピーチする人や、歌を歌うなど、なにかイベントをする際に、見やすくて目立っていいです。

s-s-150503-402.jpg

映像上映用のスクリーンも複数あって、どこからでも見やすい設計になっています。映像演出の多い二次会では最適です。

s-s-150503-045.jpg

欠点というと、「受付用のスペースが狭い」こと。もうちょっと広いと良かったのに。

そんなわけで、なかなか良い会場でした。おすすめです。




****************

雫写真事務所 二次会撮影プラン  28000円
詳しくはこちらで
スマホ用HP

コンテントヘッダー

大きな傘といえば、やはり、結婚式かな?

先日、ゴルフのマスターズの中継がありました。
ゴルフというと、キャディさんが持つ「大きな傘」に注目します。

われわれカメラマンは、撮影に行く際に、大量の荷物を持って出かけますので、雨の時は、「体も荷物も全部隠れる大きな傘が欲しいなあ」と思います。

でも、もっと大きな傘があります。それは結婚式場。

挙式を行う教会が別棟になっているところでは、教会から披露宴会場まで移動する際に屋外を通らないといけない場合があります。
その際に雨が降った時用に、「新郎新婦の二人とスタッフも同時に入れる大きな傘」をいうのを式場側は用意しています。

たとえば、こんな感じ。

kasa97.jpg

かなり大きなものです。ふだんの生活では使えないですね。
コンテントヘッダー

お笑い芸人「麒麟 川島さん」の結婚式二次会における「抽選会」のシステムが素晴らしい

http://www.msn.com/ja-jp/news/entertainment/%E3%80%90%E5%B9%B9%E4%BA%8B%E5%BF%85%E8%A6%8B%E3%80%91%E5%8D%9A%E5%A4%9A%E5%A4%A7%E5%90%89%E3%81%8C%E9%BA%92%E9%BA%9F%E3%83%BB%E5%B7%9D%E5%B3%B6%E3%81%AE%E3%80%8C%E7%B5%90%E5%A9%9A%E5%BC%8F%E4%BA%8C%E6%AC%A1%E4%BC%9A%E3%81%AE%E6%8A%BD%E9%81%B8%E4%BC%9A%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%E3%80%8D%E3%82%92%E5%A4%A7%E7%B5%B6%E8%B3%9B%EF%BC%81%E3%80%8C%E6%96%B0%E5%A9%A6%E3%81%AE%E3%81%8A%E6%89%8B%E7%B4%99%E3%82%88%E3%82%8A%E3%82%82%E6%84%9F%E5%8B%95%E3%81%97%E3%81%9F%E3%80%8D/ar-AAgBDRT

幹事必見】博多大吉が麒麟・川島の「結婚式二次会の抽選会システム」を大絶賛!「新婦のお手紙よりも感動した」


こんな芸能ニュースがありました。
二次会といえば、景品の抽選会が一大イベントとなりますが、この記事でも書かれているとおりに、「女性用の美容商品にオッサンが当選するとバツが悪い」なんてことがあるわけで、「なるべくだったら、自分の本当に欲しい賞品をゲットしたい」とは皆さん思っているわけです。

それを具現化したのがこの方法で。

s-100814B-270.jpg

「入札制の抽選会」
まず最初にゲストに一枚ずつ白紙の紙が配布され、そこに自分の名前と希望する商品番号を記載(例えば商品番号1番:ダイソンの掃除機だとしたら「1」と記入)。そしてそれを一回集めて全部開封し、どの商品にどのくらいの人数が集まっているかを確認した上で、抽選をするというもの。


この方式だと、自分の欲しいものに投票できて、そして、各商品がどれだけの人気(倍率)なのかわかり、人数が多い時はくじ引きにしたり、人数が少ない時はじゃんけんにしたりと、抽選の方法を変えて、バリエーション豊かにして、ダレずに盛り上がりが続く、そうです。

当然、当選した人は「欲しかったものをゲット」ですから、すごく喜ぶでしょうし、いいアイデアかもしれません。

ただ、こういう抽選会につきものの、「大人のおもちゃ」とか「巨大なうまい棒」とか、その場を盛り上げるために揃えておく賞品に関して、投票する人がいるのかいないの? そのへんが問題かもしれません。

まあ、とにかく、幹事の皆さん、ご参考に。


コンテントヘッダー

財布がパンパンに膨らんでいるカメラマン

wallet_03c.png

今日の夜は、二次会の撮影があります。
二次会の撮影の場合、通常の「挙式披露宴」の撮影の時とは別の「特殊な準備」というのがあります。
それは、「お釣り」です。
特に、今晩の二次会は、参加費が「男性9000円 女性7000円」という設定のため、二次会運営に慣れていない若い人が幹事をする場合、現地で、「あ、いけね? お釣り用の千円札を用意してくるのを忘れた!」となることが多くあるのです。
そうなると、受付がうまく進まず、「ねえ? 誰か、万札崩せる人いない?」とか「すいません、お釣りがないので、千円札で払って下さい」と参加者にお願いしないといけません。
とにかく、進行が滞り、影響が出てしまいます。

そういったトラブルを過去に何度も見ている我々は、そういう事態に備えて、「二次会の撮影」の時は、「千円札を大量に準備しておく」のです。
今日も、いちおう、20枚用意して財布の中に入れてあります。
まあ、実際には、幹事の皆さんはしっかりしてますので、これが役に立つのは、「10回に1回」くらいなんですが、念のため、ということで持っていくのです。

ただ、「千円札だけ」なら、まあいいのですが、困るのは、会費が「8500円」とか、「7500円」とかの時。この場合、「500円玉」も用意しないといけないので、そうなると財布が重くて重くて。

こんな感じで、カメラマンもベテランになってくると、撮影以外のことでも、実はあれこれやっているものなのです。




****************

雫写真事務所 二次会撮影プラン  28000円
詳しくはこちらで
PC用HP   スマホ用HP
プロフィール

中村ボンド

Author:中村ボンド
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード