FC2ブログ
コンテントヘッダー

二次会の「お開き」の「お見送り」は、けっこう時間がかかります


2891241.jpg


結婚式の二次会の招待客といえば、「親しい友人」が多いと思います。

「親しい友人」といえば、「せっかく久しぶりに会ったんだからいろいろと話をしたい」というものです。
しかし、今の二次会って、「映像を使った演出が増えた」「ビンゴゲームなどの余興にかなりの時間が費やされる」など、ゆっくりと歓談する時間はあまりないのが現実です。
また、「新郎としゃべりたい」と思っても、別の友人と話し込んでいて話せなかった、ということもあります。

となると、対面でちゃんと会話する機会は、最後のお開き後の「会場出口でのお見送りの場」ということになります。
ここでは、皆さんが、AKBの握手会のように一列に並んで、新郎新婦と向かい合って会話することができます。この貴重な会話の時間、「おめでとう、幸せに!」だけで済むわけがありません。近況報告など、つい、いろいろとしゃべってしまうものです。

そう、二次会って、お見送りにすごく時間がかかるものなのです。

過去に経験した最長記録は、たしか「1時間半」というのがありました。二次会本体が約3時間で、お見送りも1時間半で、合計、4時間半の超長時間二次会でした。参加人数が150人くらいする、大掛かりな二次会で、人数が多くなれば、当然、お見送りも長時間になります。
この時は、皆さん、一列に並んで待つのではなく、「この分じゃ、俺達の順番が来るまでに30分はかかるなあ。だったら、酒を飲もう」って感じで、すでに「終了」していた二次会ですが、会場内で飲み続けている人がいっぱいいました。

最後まで撮影していた私は、終電を逃し、駅近くの「日高屋」で始発までの時間をつぶしました。けっこうつらい撮影でした。

1時間半は稀な例ですが、「お見送りに30分」なんていうのはごくごく普通です。特に、最近は「映像演出が増えてきた」ためか、その分余計に「話し足りない」と感じたゲストの人がお見送りの時に長時間会話するようになってきたと思います。

会場によっては、「早く撤収して下さい。もう予定時間が過ぎています」と強制的に追い出すところもありますが、良心的な会場だと、「貴重な会話の時間だから、どうぞゆっくりして下さい」とおおらかな対応をしてくれたりもします。

先日撮影させていただいた二次会では、プロである私とは別に、カメラ好きのご友人も「写真係」ということで撮影をしておられましたが、「見送りにこんな時間がかかるとは思わなかった。僕は終電の新幹線の時間があるので、お先に失礼します」ということで途中で帰ってしまいました。
お見送りの時って、ほぼ必ず、「じゃあ、新郎新婦といっしょに写真を撮って下さい」ということになりますから、我々カメラマンは、まったく休まずにそばに付き添います。今回はプロを頼んでいたからいいですが、「友人カメラマンだけ」の場合、その友人は途中でかえってしまうかもしれません。そういう面でも、二次会の撮影はプロに依頼するほうがいいと思います。

なお、終電の時間が気になるゲストに皆さんは、律儀に行列に並ぶのではなく、「すいません、電車の都合があるので」と言って、割り込んだほうがいいですよ。そういう事情があれば、割り込まれた方もけして悪いようには思いませんから。

なお、二次会の撮影を請け負う写真業者の中には「時間に厳しい」ところもあります。この場合、お見送りに時間がかかると、正規料金の他に割増料金を取られたり、場合によっては、”契約時間が過ぎましたので帰ります”と、途中でいなくなってしまうこともあります。プロの業者を頼む際は、こういった点もよくご確認下さい。




***************
結婚式の二次会のスナップ撮影は、ぜひ、専門プロにお任せ下さい。

「雫写真事務所」(横浜)  二次会スナップ撮影 25,926円
詳細はこちらで

スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中村ボンド

Author:中村ボンド
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード