コンテントヘッダー

下請けはつらいねえ。 福島原発とディナーショー

「福島原発から20キロ圏内で15才少年を除染作業に働かせた暴力団員が逮捕」というニュースがありました。

原発作業に暴力団が関わっているのは、以前から知られていることですが、今回の事件で、衝撃だったのは、この少年に支払われた日当がたったの「3000円」だったってことです。

放射線に汚染される現場での仕事が、最低賃金以下です。違法行為をしてるのに、最低賃金以下って、なんじゃらほい?

原発に関わる仕事って、「多層請負構造」が指摘されています。
東電とか国から支給される「人件費」が、1人あたり3万円でも、実際に働く人に払われるのが3000円。
多層下請けによるピンハネです。
gyousyubetu218.jpg



結婚式場で専属業者として働く「下請け業者」のピンハネもすごいものです。

結婚式場の専属撮影業者として仕事をさせてもらうのには、普通は、莫大な契約金を支払います。(※S武系のホテルでは、契約がないところもあります)

それに加えて、4割~6割のマージンをとられます。写真室なんかは、大きなスタジオを貸してもらうのですから、使用料として、そこそこのお金を払うのは当然ですが、ビデオ業者などは、どこかの部屋を借りたりすることもないわけで、せいぜい、機材置き場のわずかなスペースくらいで、それで、あんなに高額なマージンはどうかなあ? と感じます。

さて、私が昔、そういう「専属業者」の契約カメラマンだった時、職場であるホテルで行われる「ディナーショー」の切符を安く譲ってもらったことがあります。私の好きなムード歌謡のショーでした。
このチケットは実は、ホテル側が下請け業者に買い取りを強要した切符です。そう、ホテルって、ディナーショーの切符が余ると、下請け業者に無理やり買わせるのです。献金みたいなもんです。
切符を買ったものの、その業者の社員が、面白くもないディナーショーに行ってもしょうがないため、我々、下請けの下請けに、その切符を転売して、少しでも損失を補てんしようとしました。

ディナーショーといえば、そのディナーショーの記録映像を作らされたこともあります。これも、ホテル側から映像業者へは「無料でやってくれ」と頼まれるそうです。そして、我々も安い撮影料でやらされました。

高い契約金を払って、すごい率のマージンを取られた上に、ディナーショーの切符を引き取れとか、ただで記録ビデオを作れ、とか、ほんと、この業界の収奪構造って、すごいなあ、と思いました。

今でも同じなのだろうか???

これじゃあ、お客様からいただくお金がものすごく高くなるのも当然です。

お客さんがみんな「素人」だからと、高額なお金を、半分騙したように取るって。なんか、モラル的にどうなのかなあ、って思います。






スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中村ボンド

Author:中村ボンド
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード