コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

初心者向けのカメラに「2400万画素」とか必要でしょうか?

63666663666655

Nikonの「初級者向け一眼レフ」のD3200。
この画素数は、なんと、2400万画素もあります。

いっぽうで、現時点での世界最高峰のプロ用一眼レフ「D4」(当事務所にも1台あります)の画素数は、1600万画素です。

なんか、不思議な気がしますが、本当に、1600万なんです。
素人の皆さんは「画素数は多ければ多いほどいい」とお考えの人も多いかと思います。
ジャパネットたかたの社長さんも、「画素数は、なんと、2400万なんです!!」と絶叫して売ってます。

でも、我々、プロの世界では、「1000万画素あれば、普通の撮影業務では全然問題ない」と考えております。
ですから、「1600万」は、「これだけあれば、仕事をするには十分すぎる」画素数なんです。

当事務所には、「画素数2400万」のカメラも2台あり、日頃の業務で使用していますが、正直、扱いづらいです。
その理由は、「データ量が巨大すぎて、パソコンのスペックが足らない」という問題です。
大量の写真を撮影するプロの世界では、「パソコンでの処理に時間がかかる」というのは、非常に効率が悪いのです。
1枚の写真の「明るさを調整する」だけでも、2400万も画素数があると、処理速度がガクンと落ちます。

というわけで、今、当事務所で「欲しいもの」は、高額な最新型パソコンというわけで。
お金も時間もかかってしょうがないです。

我々、プロだって扱いにくい、「2400画素」という膨大な情報量の写真は、お客様にとっても、同様に、「大きすぎて困る」という存在です。
パソコンで写真をサクサク見ようとしても、2400万画素では、ゆっくりとしか見れません。

なんで、こんな、オーバースペックのものを作るのでしょうかねえ? 高田社長のせいかもしれません。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中村ボンド

Author:中村ボンド
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。