コンテントヘッダー

乙武さんの「イタリアインレストラン入店拒否騒動」に関して

表題の騒動。すごいみたいです。

まずは、乙武さんが書いたツイッターの内容を転載します。

<<<<

今日は、銀座で夕食のはずだった。「TRATTORIA GANZO」というイタリアンが評判よさそうだったので、楽しみに予約しておいた。が、到着してみると、車いすだからと入店拒否された。「車いすなら、事前に言っておくのが常識だ」「ほかのお客様の迷惑になる」――こんな経験は初めてだ。

お店はビルの2階。エレベーターはあるが、2階には止まらない仕組みだという。「それはホームページにも書いてあるんだけどね」――ぶっきらぼうに言う店主。「ちょっと下まで降りてきて、抱えていただくことは…」「忙しいから無理」「……」「これがうちのスタイルなんでね」以上、銀座での屈辱。

ひどく悲しい、人としての尊厳を傷つけられるような思いをする車いすユーザーがひとりでも減るように。 RT @+++: 何故お店の名前を晒したのですか? RT 銀座「TRATTORIA GANZO」にて、入店拒否。「車いすなら事前に連絡しろ。ほかのお客様に迷惑がかかる」

そうですよね。たしかにお店の状況によっては、受け入れがたいケースもあるでしょう。ただ、店主の対応には、まるで“心”が感じられなかった。接客業として、あの物言いはあまりに悲しい…。 RT @++++: 事前に伝えなかった乙武氏にも落ち度がある。店だけを責めるのは筋違い。

<<<<
以上です。

実は、今回の騒動の舞台であるレストランの隣のビルの中のレストランで、以前、二次会撮影の仕事をしたことがあり、この地域の土地勘があります。その時は、この騒動のビルの1階にあるドトールさんで、撮影開始までの時間をつぶしていたので、このビルが「古い」「通路が狭い」「階段が急」ということもだいたい知っています。

さて、結婚式を挙げる際に、ゲストの中に車椅子の人とか、高齢で足が悪い人とかいる場合は、普通は、「大きなホテル」「大きな会館」など、設備のちゃんとしたところを選びます。
「バリアフリー対応か?」「身障者用のトイレはあるか?」、これも当然事前に調べた上で、式場を決めます。

それなのに、乙武さんは、なんで、「予約をする際に事前にきちんと調べなかったのか?」「予約の際に、車椅子ということをなぜ伝えなかったのか?」 不思議でなりません。

私も、この仕事をしていますと、小さなレストランでのパーティも何度も経験していますが、狭いところも多く、「身障者じゃなくても、伊集院光みたいな太った人だと入れないトイレ」のレストランなんかもあります。
狭くて急な階段を下りないといけない地下のお店もあります。店内にいろいろ段差のあるお店もあります。暗くて足元が見にくい店もあります。
小さなレストランって、バリアフリーには対応していないところ、いっぱいあります。

また、お店が忙しければ、階下に下りて、乙武氏を抱っこすることも難しいでしょう。料理というのは、数秒間違えると味が台無しなんてのもありますから、忙しいときに厨房を離れるのは大変でしょう。

まあたしかに、レストランの店主の中には、「言葉遣いが悪い」「態度が横柄」という人もたくさんいるのを知ってます。それは接客業としてよくないことだと思いますが、とにかく、今回のお店は、物理的に受入れ不可なのではないかと思います。

参考ブログ 実際にこのお店を訪問して状況を調べた人がいます。

これを見ると、私の予想どおり、「これじゃ無理だよ。ここを大人数人が乙武氏を抱っこして持ち上げるのは危険だよ」と思えるつくりです。
乙武さんには悪いけど、この状況では店主を責められません。

それなのに、一時的な感情で激昂して、60万人もフォロワーがいる超有名人の乙武さんが、店名をはっきり出して非難するのは、ちょっとちやりすぎだと思いました。

世間では「身障者差別では?」という視点で論争が行なわれていますが、これは、ホテルのシングルルームに、「3人泊まらせてくれ」って無理を言ってるようなものであり、身障者うんぬんではなく、設備の問題じゃないかと思います。

なお、私のことを話しますが、私は以前、体の不自由な方の病院への送迎のボランティアをやっていたので、車椅子の方と接したことがたくさんあり、この分野のど素人ではありません。

スポンサーサイト
プロフィール

Author:中村ボンド
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード