FC2ブログ
コンテントヘッダー

<ご挨拶>当事務所の「結婚式二次会スナップ撮影」のご案内

横浜の結婚式二次会のスナップ写真撮影がなんと17,593円~(税別)。横浜プランをぜひご利用下さい。

17485151.jpg


 



結婚式の二次会というのは、「会社関係の義理とか、しがらみで呼ぶのではなく、本当の友達を呼ぶもの」。

だからこそ、ちゃんとした写真をたくさん残しておきたいものなのに、今までは、「プロに頼むのは高価で無理」と、あきらめてしまう人ばかりでした。
その結果、「すごく楽しいパーティだったのに、写真はちょっとしか残っていない。すごく残念」「写真係を頼んだ友人が、それ専門になり、パーティを楽しむ余裕がなかった」「二次会の会場が暗かったので、写真がみんな暗い。ブレてばかり。失敗した」ということになりがちです。

118444m.jpg


しかし、当事務所のような「二次会スナップ撮影=17,593円~」という格安料金であれば、そんな心配はご無用。
学生や主婦のアルイバイトカメラマンではない、本物の経験豊富なプロカメラマンが撮影。
撮影枚数も無制限(およそ、300~600枚)です。たくさん撮ったから追加料金が発生する、ということもありません。
「参加者全員での集合写真」も無料で撮影します。
安心してプロに任せてください。

 「ホテル側で用意してくれる専属業者は高くて頼めない」「小さなレストランで行なうため、提携写真業者がいない」、そんなお客様にも最適です。

詳しくは、このHPをご覧下さい。


※本ブログの「記事」及び「写真」の無断転用・転載は固くお断りします。


☆驚安! <横浜プラン>好評受付中です。
「横浜市内で開催される二次会限定」
「撮影料17,593円 (消費税・出張交通費込で総額20,000円ちょうど)」
「撮影枚数無制限」
「プリントなし。写真データを記録したDVD-Rで迅速納品(撮影後4日程度)」
※受付日限定。
※2時間を超える長時間の二次会の場合、延長料金が発生する場合があります。

詳細は、メールでお問い合わせ下さい。 infoアットマークshizukuphoto.sakura.ne.jp



★★「外部のカメラマンが持ち込み出来ない」という結婚式場が増えていますが、「挙式披露宴はだめですが、二次会の場合は大丈夫です」というところがほとんどです。結婚式場・ホテルで二次会を開催する方もぜひお申込み下さい。★★


にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚式・披露宴へ

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
コンテントヘッダー

二次会の「ビンゴゲーム」 まれにすぐ終わってしまう場合があります

1975b292.png


結婚式の二次会における「ビンゴゲーム」というのは定番の演出で、私も過去に何度も見ておりますが・・・・

先日撮影させていただいた二次会でのビンゴゲームなんですが、なんと、開始3分くらいで、ビンゴが続出し、早々と賞品がなくなってしまう展開になってしまいました。
「なかなかビンゴが出ないで時間がかかる」という例はけっこうあるんですが、こんなに早く終わってしまう例は初めてでほんと驚きました。

ただ、その時の新郎新婦は頭のいい人で、そういうケースも想定していたようで、「賞品」を別にひとつ隠していました。
その「ひとつの賞品」に関しては、ビンゴではなく、「全員参加のじゃんけん大会」で勝者を決める方法で行ないました。


この「じゃんけん大会」がなかったら、ほんと、興ざめするビンゴゲームだったかもしれません。


というわけで、こういうことがおきる確率は非常に低いとは思いますが、万一に備えて、「クオカード1000円分」でもいいですから、なにか、賞品をひとつ準備しておいて、「ビンゴが予定よりも早く終わった場合は、じゃんけん大会を行なう」ってことにしておくといいと思います。クオーカードだったら、かさばらずに持っていられますしね。



「ヨコハマプラン 総額20000円」
お得な二次会スナップ撮影はこちらで
コンテントヘッダー

財布に札束が入っているウェディングカメラマン

「商売が儲かって、いつも札束を持ち歩いているんだよ」なんてことを言いたいものですが。


4957-450x337.jpg


実は、二次会の撮影をするカメラマンは、けっこうな札束を財布に入れています。
といっても、全部、千円札なんですけど・・・・


二次会って、受付で参加費を払う際に、「会費が7000円なので、1万円札を出して、3千円のお釣りをもらう」という場合、受付係さんの「釣り銭用の千円札」がなくなることがよくあります。
二次会慣れしている幹事さんの場合、しっかりとあらかじめ、大量の千円札を準備しておきますが、若くて、二次会に慣れていない幹事さんだと、そこまで気がまわらないのです。
そんな場合に備えて、二次会カメラマンの私は、常に、「千円札を30枚」(=3万円分)財布に入れておくようにしています。そして、受付係さんが、「困ったわ。千円札が足らない!」とSOSを出した時に、両替してあげるのです。

そういうわけで、撮影に行くときは、「30枚以上の千円札」を財布に入れていきます。でも、これは「非常用」なので、「千円札SOS」がなければ、そのままです。

そして、うちの場合、現場で撮影料をいただくのですが、これって、「あらかじめお金を用意しておく」ではなく、その日、お客さんたちが払った二次会の会費の中から、お店に払うお金を払った残りから支出されることが多いので、この撮影料も千円札でいただくことが時々ありまして。

先日の仕事では、千円札で20枚の撮影料をいただきました。
そういうわけで、もともと財布に入っている千円札35枚に、この20枚が加わり、総計、55枚の千円札が財布の中に入りました。
もう、パンパンです。






横浜の二次会スナップが激安! 詳細はこちらで
コンテントヘッダー

二次会の幹事は、披露宴に出席してはだめ?

60D_0776.jpg

先日撮影させていただいた二次会。
披露宴が延びたようで、1時間くらいの延長だったそうです。

これが二次会のタイムスケジュールに影響しました。
「二次会の受付時間」になっても、「幹事さんがだれ一人、二次会会場に来ていない」のです。
会場側にもなんの電話連絡もないようで、「どうなっているのか?」まったくわかりません。

二次会の受付時間を過ぎてますから、二次会に参加するゲストがぼちぼち現れています。
でも、幹事さんが来ていないため、受付する態勢ができておらず、ゲストの皆さんは会場内に入ることができず、猛暑の中、屋外で待っていないといけません。これはつらいです。

実は、こういうケースはけっこうあります。

我々、婚礼業界の人間は、「あそこの結婚式場は、披露宴が延長になるのはよくあること」というのをわかっていますから、こういうのも「想定内」なんですが、それをわかっていない新郎新婦の場合、二次会の開始時間がわりと早く設定していて、今回のようなことになることがよくあります。

ここで問題になるのは、「二次会の幹事さん」が全員、披露宴に出席している場合です。
幹事さんが披露宴に最後まで出席する場合、披露宴が延長になると、二次会の会場準備が遅れます。

ある程度二次会の経験のある人の場合、幹事さんが全員披露宴に出席することはありません。何人かは、「二次会から参加」という形にして、披露宴が延長しても大丈夫なようにします。
幹事が5人いるとして、最低でも「2人」は二次会専属にして、披露宴が延長になったとしても、その二人は先に二次会会場にいって、ちゃんと準備を始められるようにするといいと思います。

ご参考に。






激安二次会スナップ撮影  「横浜プラン」 詳細はここで
コンテントヘッダー

「ゾンビウェディング」が流行っている???

「海外で話題 ゾンビ結婚写真」 というサイトを発見しました。

「なんなんだ、それは?」と思いましたが、よく読んでみると、なかなかおもしろそうです。

「ゾンビ」=「死なない」=「永遠の愛」

というこじつけも、なんとなく納得して笑ってしまいます。

皆さんも、やってみますか?
プロフィール

中村ボンド

Author:中村ボンド
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード