FC2ブログ
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

<ご挨拶>当事務所の「結婚式二次会スナップ撮影」のご案内

横浜の結婚式二次会のスナップ写真撮影がなんと19,000円(税込)!。
横浜プランをぜひご利用下さい。


17485151.jpg


 



結婚式の二次会というのは、「会社関係の義理とか、しがらみで呼ぶのではなく、本当の友達を呼ぶもの」。

だからこそ、ちゃんとした写真をたくさん残しておきたいものなのに、今までは、「プロに頼むのは高価で無理」と、あきらめてしまう人ばかりでした。
その結果、「すごく楽しいパーティだったのに、写真はちょっとしか残っていない。すごく残念」「写真係を頼んだ友人が、それ専門になり、パーティを楽しむ余裕がなかった」「二次会の会場が暗かったので、写真がみんな暗い。ブレてばかり。失敗した」ということになりがちです。

118444m.jpg


しかし、当事務所のような「二次会スナップ撮影=19000円~」という格安料金であれば、そんな心配はご無用。
学生や主婦のアルイバイトカメラマンではない、本物の経験豊富なプロカメラマンが撮影。
撮影枚数も無制限(およそ、300~600枚)です。たくさん撮ったから追加料金が発生する、ということもありません。
「参加者全員での集合写真」も無料で撮影します。
安心してプロに任せてください。

 「ホテル側で用意してくれる専属業者は高くて頼めない」「小さなレストランで行なうため、提携写真業者がいない」、そんなお客様にも最適です。

詳しくは、このHPをご覧下さい。


※本ブログの「記事」及び「写真」の無断転用・転載は固くお断りします。


☆驚安! <横浜プラン>好評受付中です。
「横浜市内で開催される二次会限定」
「撮影料 税込19,000円 (出張交通費込で総額20,000円ちょうど)」
「撮影枚数無制限」
「プリントなし。写真データを記録したDVD-Rで迅速納品(撮影後4日程度)」
※受付日限定。
※2時間を超える長時間の二次会の場合、延長料金が発生する場合があります。

詳細は、メールでお問い合わせ下さい。 infoアットマークshizukuphoto.sakura.ne.jp



★★「外部のカメラマンが持ち込み出来ない」という結婚式場が増えていますが、「挙式披露宴はだめですが、二次会の場合は大丈夫です」というところがほとんどです。結婚式場・ホテルで二次会を開催する方もぜひお申込み下さい。★★


にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚式・披露宴へ

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
コンテントヘッダー

二次会の会場を選ぶ時は、近くに「休める場所」があるところを

この前撮影させたいただいたお客様のご注文は「挙式&披露宴 プラス 二次会」という長丁場の撮影でした。

披露宴は時間どおりに終わったのですが、二次会までの時間がかなり空いており。。。 (披露宴が延長になってもいいように配慮して遅めにしていた)

「カメラマン」も「幹事の皆さん」も、「披露宴から二次会まで両方出席するゲストの皆さん」も、「寒いなあ。どこで時間をつぶそうか???」となったのですが、なんと、二次会の会場のすぐ上のフロアに「某 カジュアルコーヒーショップ」があり、皆さんでそこに入って、時間調整をすることができました。
こういう店がすぐ近くにあるかどうかって、けっこう大事なことです。
ない場合、二次会の会場に無理を言って、「早めに中に入れて下さい」「いえ、時間どおりではないと困ります」なんて、揉めたりします。

今回はすぐ真上なので移動時間もほとんどなく、非常に便利でした。

というわけで、二次会の会場を選ぶ際は、「近いところに時間をつぶすのに最適なコーヒーショプとかファストフード店があるかどうか?」 それもいっしょに確認しておくといいと思います。

publicdomainq-0007379jmo.jpg
コンテントヘッダー

「横浜プラン」の対象地域は横浜市内全域です!

15189692.jpg


とってもオトクな「結婚式二次会スナップ撮影 横浜プラン」。
これは「横浜市内で行われる二次会だけに限定」した、超格安特別料金になっています。

なので、東京で開催される二次会では、この料金でお引き受けできません。すいません。

ただ、「横浜プラン」という名称のためか、「横浜駅周辺」「桜木町駅周辺」「みなとみらい地区」「関内~中華街地区」だけではないか? と勘違いされるお客様が多いようです。


いいえ、「横浜市内全域OK」なんです。

ですから、「金沢文庫~金沢八景」もOKです。「戸塚」もOKです。「あざみ野」もOKです。「瀬谷」もOKです。「港南台」もOKなんです。

今は、神社挙式がブームで、「地元の神社で挙式をして、その近くのレストランに友人を招いて二次会(1.5次会)を開催」というパターンも多くなっています。

そういうのも大丈夫です。


さきほど、検索してみたところ、二次会のスナップ写真撮影に関して、一番安い金額を提示している業者さんは、当事務所を除くと、K社さんの「19800円」というのが最安値のようですが、これも、税抜き価格なので、税込みだと、21384円になります。さらに、この会社さんの場合、横浜市は出張料7000円がかかるため、合計では、28384円です。

いっぽう、当事務所は、税込み&交通費込で、総額20000円です。

横浜開催であれば、当事務所が最安値なのは間違いないと思います。
(※ただし、学生アルバイトなどのアマチュアのような人がもっと安い料金で撮っているケースがあります。)

一生に一度のことです。よくご検討してお選び下さい。

コンテントヘッダー

お勧め「二次会会場」ご紹介シリーズ 東京編 Live×BAR 〇 (maru)

お勧めの二次会の会場をご紹介シリーズ。

今回は東京の大塚です。
大塚には「ホテルベルクラシック東京」という結婚式場もありますし、池袋からも近いですから、二次会の会場としては便利な立地です。


Live×BAR 〇 (maru)

というお店です。

ツイッターはここ
公式HPはここです
(オープンしたてで、HPはまだ完全ではありません)


知り合いのミュージシャン(パーカッション)の丸山真弘さんが作ったお店で、音楽ライブも頻繁に行われています。

こじんまりとした結婚式二次会にも適したお店です。ぜひ、音楽好きの新郎新婦にお勧めします。


LIVE-BAR-〇-店主

こんな店主が待ってますよ。
コンテントヘッダー

なんとか撮りました「100人の集合写真」

二次会のスナップ写真で「これはぜひ撮りたい」とお客様が考えるものは、やはり、「全員での集合写真」です。

当事務所でもそれは承知していて、狭い場所でも集合写真が撮影できるように、一般の人が持っていない「超広角レンズ」というものを必ず持参していきます。

通常はこれがあればなんとかできるのですが、先日の撮影は難物でした。
もともとそんなに広くない会場で、普通は「40人前後」で二次会を開催するところなんですが、その時は、なんと、「100人」の参加者がいて・・・・

その「100人全員」での集合写真を撮ることになりました。
早めに会場に行って下調べをして会場スタッフとも打ち合わせをして、「なんとかぎりぎりいける」と思ったのですが、いざ、本番となると・・・・

打ち合わせの際に、「このテーブルと椅子はどかしてもらって」と話していたものが、「この二次会のすぐあとに別のパーティがあり、それのセッティングの時に面倒になるから動かせない」とか、その会場の責任者が急に言い出し・・・・
人を並べるスペースが予定よりも狭くなり「これはまずい」ということに・・・・

最終的には、新郎新婦さんに「全員の顔がちゃんと写るのは無理」ということを了解してもらってうえで、男性の皆さんには床面に直に座ってもらうことも協力いただき・・・・・

なんとか、超広角レンズの限界ギリギリで撮影できました。
(肖像権保護のためボカしていますことご了解下さい)

s-181021B011.jpg

いやあ、しかし、会場スタッフとちゃんと打ち合わせしたのに、本番になって、それを反故にされるのは厳しいです。
それでもなんとか撮れて、新郎新婦さんがとても喜んでくれたのは良かったです。





☆驚安! <横浜プラン>好評受付中です。
「横浜市内で開催される二次会限定」
「撮影料17,593円 (消費税・出張交通費込で総額20,000円ちょうど)」
「撮影枚数無制限」
「プリントなし。写真データを記録したDVD-Rで迅速納品(撮影後4日程度)」
※受付日限定。
※2時間を超える長時間の二次会の場合、延長料金が発生する場合があります。

詳細は、メールでお問い合わせ下さい。 infoアットマークshizukuphoto.sakura.ne.jp



★★「外部のカメラマンが持ち込み出来ない」という結婚式場が増えていますが、「挙式披露宴はだめですが、二次会の場合は大丈夫です」というところがほとんどです。結婚式場・ホテルで二次会を開催する方もぜひお申込み下さい。★★


にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚式・披露宴へ

人気ブログランキングへ



プロフィール

中村ボンド

Author:中村ボンド
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。